「明日から本気出す。」

ソーシャルサービスの立ち上げを目指して孤軍奮闘中。
「明日から本気出す。」 TOP  >  スポンサー広告 >  Mac >  Mac mini(2012)のメモリ増設&HDD→SSDの換装

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Mac mini(2012)のメモリ増設&HDD→SSDの換装

先日、Mac mini(2012)を購入したのですが、未だに標準装備がHDDとは…。
Apple StoreのカスタマイズでSSDの選択もできますが、プラス27,000円も掛かってしまいます。
(しかも、お高い方のMac miniでしか選択できない!)

MacBook AirでSSDの速度に慣れてしまった身としては、今さらHDDは厳しい。
と言う訳で、Mac miniのHDDを別途購入したSSDへ換装する事にしました。
ついでにメモリも4GBでは少ないので、増設も併せて行います。


ちなみに購入したSSDとメモリは以下のとおりです。


インテル Boxed SSD 335 Series 240GB MLC 2.5inch 9.5mm Jay Crest Reseller BOX SSDSC2CT240A4K5インテル Boxed SSD 335 Series 240GB MLC 2.5inch 9.5mm Jay Crest Reseller BOX SSDSC2CT240A4K5
(2012/10/20)
インテル

商品詳細を見る

※購入したのは330シリーズですが、Amazonでの扱いが終了したようなので335シリーズを掲載しています。


CMSX16GX3M2A1600C10 [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GBx2]CMSX16GX3M2A1600C10 [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GBx2]
()
CORSAIR

商品詳細を見る

※メモリの規格には気をつけて下さい。私は間違って違う規格のメモリを買ってしまいました(笑)



また、Mac mini内の部品を外すにはトルクスドライバーという特殊なドライバーが必要となりますので
こちらも購入しました。




以下、Mac miniとSSDとメモリ、そしてドライバー。
換装はこれだけで行います。

Mac mini、SSD、メモリ、トルクスドライバー



1.Mac miniをひっくり返してフタをはずす


フタをはずす際は上部の丸印を目安にして、フタを反時計回りにまわします。



Mac mini裏


フタを外した状態



Mac mini裏フタなし


2.メモリを付け替える


メモリは2枚、重なった状態で装着されてるのでそれらを外し、購入したメモリに差し替えます。
具体的な外し方&取り付け方はMac mini本体の右端にイラストがあるので参考にしてください。
(下画像の赤枠の部分)



メモリ差し替え


3.ファンをはずす


赤枠部分の4箇所のネジをはずします。
なお黒のネジはT6、銀のネジはT8のトルクスドライバーを使用します。



ファン取り外し_ネジ位置


ファンにはケーブルが繋がっていますので、それも注意して外します。
外し方は、ケーブルの付け根を持って上に引っ張る感じです。



ファン取り外し_ケーブル


ファンを外した状態



ファンを外した状態


4.黒いカバーを外す


ファンの横にある、黒いカバー(?)をはずします。
まず左下の黒いネジをはずします。ドライバーはT6です。



黒いカバーのネジ位置

カバーを取り外します。
外し方は、カバー上部を少し上に持ち上げながら少し強引に引き出す感じです。



黒いカバーを外した状態


5.メッシュ状の銀のカバーをはずす


赤枠の4箇所のネジをはずします。ドライバーは全てT8です。
なお、カバーにはケーブルが繋がってますので注意して下さい。



メッシュカバーのネジ位置


6.HDDを外す


カバー下にある黒い物体がHDDになります。
これを手前に引っ張るようにして取り出します。



メッシュカバーを外した状態

HDDを外した状態



HDDを外した状態


7.HDDの付属品をはずす


HDDに繋がっているコネクタと、覆っている黒いフィルムをはずします。



HDDのコネクタとフィルムを外した状態

HDDの側面についている黒い突起物をはずします。ドライバーはT6を使用します。



HDDの突起物の位置


8.HDDの付属品をSSDに装着する


開封したSSDです。



SSD

これにコネクタと黒の突起物を装着します。
ちなみに黒いフィルムは邪魔なので外しました。



SSDに付属品を装着


9.SSDをセットする


SSDを本体にセットします。
コツとしては、本体奥に2箇所の穴があるので、ここにSSDの突起物を挿入するようにします。



ケースの穴





あとはHDDを外した手順を逆に行っていけば完了です。
さぁ、ケーブルを繋いで起動してみましょう!


……ひたすら?フォルダが点滅するのみ。

エラー画面



これはSSDにOSがインストールされていないからです。
ですので、次はSSDにOSをインストールを行います。


……続きます
スポンサーサイト
[ 2013年01月14日 14:49 ] カテゴリ:Mac | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

osk_dev

Author:osk_dev
興味がわいた事はとりあえずやってみる、
そんなエンジニア。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。